【&Buzzの口コミニュース】「タイプX」多くが拒否 万博協会 調整能力不足を露呈 – 産経ニュース

&Buzzのビジネスニュース

海外パビリオンの建設遅れ問題により、日本国際博覧会協会は「タイプA」からの移行を検討している5カ国にとどまることが明らかになりました。タイプAの出展数は56で、「5カ国」ではその1割以下であり、協会の申請期限もすでに過ぎています。このような事態により、協会の調整能力のなさが問題視されています。

協会は楽観的とも受け取れる姿勢を示しつつも、タイプXへの移行の背景には建設業者の選定が困難であり、タイプAの建設が困難となっているためだと説明しています。現在、タイプAの建設事業者は13カ国にとどまっており、ゼネコン側には完成の危険性が指摘されています。

&Buzzとしては、国際博覧会の成功を応援したいと思いますが、事態は深刻であると感じます。各国がタイプXへ前向きでない理由は、特徴の欠如や予算・時間の無駄、財政負担の問題などが挙げられます。一部の国はタイプAの建設を継続すると表明していますが、このような状況下での対応が果たして十分なのか疑問です。

また、政府が会場建設費の増額を求める可能性も指摘されており、新たな財政負担が発生する可能性もあります。今後の展開に注目しつつ、協会の対応がどのように進んでいくのか見守っていきたいです。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました