【&Buzzの口コミニュース】ADHDの治療薬「アデロール」不足で注目される“ビデオゲーム療法” | WIRED.jp

&Buzzのヘルスケアニュース

アデロール不足を解消するビデオゲーム療法に注目

精神刺激薬「アデロール」の不足により、米食品医薬品局(FDA)と麻薬取締局(DEA)はビデオゲーム療法を選択肢として検討しています。新型コロナウイルスパンデミックの影響でADHDの診断が増加しており、アデロール以外の治療法が求められているためです。

ビデオゲーム療法の可能性

ビデオゲーム療法は、デジタルな治療法の一つであり、ADHDの症状を改善するために使用されます。Akili Interactiveが開発した「EndeavorRx」はADHDの治療に有効であり、注意力や集中力の向上に貢献します。

&Buzzとしては、アデロール不足の問題に新たなアプローチが試されていることに注目し、ビデオゲーム療法の発展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Wired.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました