【&Buzzの口コミニュース】「プール熱」大阪府で警報レベル超え 感染対策を|NHK 関西のニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

プール熱が大阪府で警報レベルを超えました。夏場を中心に発熱や結膜炎などを引き起こす「プール熱」について、大阪府内の1医療機関あたりの患者数が警報レベルを超えました。咽頭結膜熱は子どもを中心に高熱や結膜炎などの症状が出るウイルス性の感染症です。感染はプールの水を介したり、ウイルスが付着したタオルを使ったりすることで起こります。府内では今年7月上旬ごろから患者が増え始め、9月3日までの1週間で府内195の医療機関で627人の患者が確認され、1医療機関あたりの患者数が国の警報レベルの3人を超えました。府は、日頃からの手洗いなどに加えて、プールの前後には、シャワーを浴びて、うがいをすることや、タオルの共用を避けるなど、感染対策を行うよう呼びかけています。

&Buzzとしては、プール熱の流行を注意深く見守っていきたいと思います。特に子供を中心に症状が出るため、感染対策の重要性は高まっています。プール利用者がシャワーやうがいをすること、タオルの共用を避けることなど、予防策を行うことが大切です。この情報を広く知らせるためには、府や関連機関、プール施設などとの連携が必要です。&Buzzは、関連情報の発信や啓蒙活動を通じて、プール熱の予防と感染拡大の防止に協力していきたいと考えています。子供たちが安心してプールを楽しめる環境づくりに貢献していきたいと思います。

以上、大阪府での「プール熱」の警報レベル超えと感染対策についての要約と、&Buzzによる感想でした。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました