【&Buzz口コミニュース】もしかしたら「鉄」不足? やる気が出ない、疲れやすい…不調を感じたら試してほしいこと|ウートピ

&Buzzのヘルスケアニュース

【「鉄」不足による不調の解決策】

「朝起きるのが苦手」「疲れが取れずにだるい」「睡眠はとっているはずなのに眠い」……。
「年齢のせいかな?」と思ってなんとなくそのままにしてしまっている症状の原因は鉄不足にあるかもしれません。
誰もが知る身近な栄養素「鉄」ですが、女性の不調に重要な役割を果たす鉄の最新情報を伝えるセミナー「知識をアップデート!女性の人生を好転させる“鉄”の可能性を紐解こう」が、8月3日、東京都内で開催されました。

登壇したのは、吸水ショーツブランド「Bé-A〈ベア〉」を展開する「Be-A Japan」CEOの髙橋くみさんと、商品開発責任者でサプリメント管理士でもある中村千春さん。

「誰もが自分の可能性を信じて、望みを胸に、すこやかで豊かな人生を歩めるように」を理念とし、女性のエンパワーメントを応援することをモットーとする同社が、吸水ショーツを開発する過程で浮かび上がってきたのが、月経によって多くの鉄分を失う女性たちの「慢性的な鉄不足」という課題。その解決のために、6つの栄養素を配合したサプリメント「ベア ザ・サプリメント Fe(エフイー)」を開発し、5月に発売しました。

【鉄の重要性と不足による影響】

鉄は赤血球の中のヘモグロビンに含まれ、全身に酸素を運ぶ役割があります。鉄不足だと体内が酸欠の状態に陥り、頭のぼんやり感や思考力の低下、息切れなどの症状が現れます。朝の苦しさや疲れの残り、眠気といった症状も鉄不足による可能性があります。

&Buzzとしては、女性の日常生活に影響を及ぼす鉄不足について、正しい知識を持つことの重要性を強調したいと考えます。鉄不足を「仕方がないもの」として諦めず、鉄分補給の方法を試して欲しいですね。

【日本人女性の鉄不足の現状】

日本人女性の約半数が鉄不足であることが調査結果から明らかになりました。特に生理時や過多月経の人、妊婦などは、鉄の摂取量がさらに必要です。成長期の10〜14歳の女性も鉄が不足しています。この現状に対し、育ち盛りである小学校高学年から中学生も鉄不足であることが判明しました。鉄不足による不調を持つ子どもや女性を見守り、応援していきたいと思います。

&Buzzとしては、鉄不足が生活の質に与える影響を考えることが重要であると考えます。家族や友人が鉄不足に悩む場合、情報とサポートを提供していきたいです。

【鉄不足の解消策としてのサプリメント】

鉄は食事から摂取することが必要ですが、日本人は慢性的な鉄不足にあります。特に植物性食品に含まれる「非ヘム鉄」の吸収率が低く、食事だけでは不足しやすいです。鉄分補給には吸収率の高いヘム鉄がおすすめとされています。サプリメントを選ぶ際には、原材料や製造方法に注意しましょう。鉄の摂取量は1日あたり10mgが目安です。鉄不足で不調を感じた場合、サプリメントの活用を検討してみてください。

&Buzzとしては、鉄分補給を含めた健康管理の重要性を伝えていきたいと思います。鉄分不足による不調を軽減し、元気な生活を送ってもらいたいですね。

【医師の言葉】

&Buzzでは、「Be-A」医療アドバイザーとしても活動している宗田聡医師の言葉を紹介します。「鉄は女性にとって毎日必ず摂取したい栄養素であり、元気の源です。しかし、食事だけでは補えないため、サプリメントの活用をおすすめします。品質も重要なので、信頼できるものを選びましょう。鉄分補給により、朝が苦手な子どもや忙しい女性の不調を改善していきましょう」。医師の助言を参考にし、賢くサプリメントを活用して鉄を補給しましょう。

&Buzzとしては、医師によるアドバイスを重視し、鉄不足による不調を改善する方法を提案していきたいと考えます。自分の体調不良や不調がある場合は、専門家の診断を受けることをおすすめします。

この &Buzzニュースは、Wotopi.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました