【&Buzz口コミニュース】【抗菌薬】4割の親が「かぜの時に子どもに飲ませたい」/AMR臨床リファレンスセンター調べ

&Buzzのヘルスケアニュース

AMR臨床リファレンスセンターが、2023年6月に全国の20歳〜59歳の未就学児の親を対象に、「抗菌薬に関する調査」を行った結果、子どもがかぜをひいた時に抗菌薬をのませたいと思っている親が44.4%いることが判明しました。センターは、抗菌薬はかぜを治す薬ではないと指摘し、親の知識が抗菌薬の不適切な使用につながる可能性があると警告しています。センターは厚生労働省委託事業として、薬剤耐性(AMR)対策アクションプランに基づいた取り組みを推進しています。子どもがかぜをひく機会が多いため、親がどれだけ薬に関心を持っているかは重要です。正しい知識を持つことが抗菌薬の適切な使用につながるとセンターは伝えています。
感想:
抗菌薬の不適切な使用は薬剤耐性の問題につながるため、親が正しい知識を持つことは非常に重要です。センターの取り組みによって、抗菌薬の適切な使用を広めることができれば、将来的に薬剤耐性の問題を解決する可能性があります。親としては、自分の子どもの健康を守るためにも正しい知識を身につけ、抗菌薬の適切な使用に努めたいと思います。&Buzzとしては、センターの取り組みを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Dgs-on-line.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました