【&Buzzの口コミニュース】PARK22遺伝子変異でパーキンソン病発症 東京医科歯科大など 新メカニズム解明 | 科学新聞 The Science News

&Buzzのヘルスケアニュース

PARK22遺伝子変異でパーキンソン病発症 東京医科歯科大など 新メカニズム解明

東京医科歯科大学難治疾患研究所の鳥居暁プロジェクト准教授らの研究グループは、PARK22/CHCHD2変異によるパーキンソン病の発症メカニズムを解明した。パーキンソン病は、中脳黒質ドーパミン作動性ニューロンの変性・脱落が関与しているが、この研究により、PARK22遺伝子の変異がパーキンソン病の原因となる新たなメカニズムが明らかになった。これにより、パーキンソン病の発症メカニズムに関する理解が深まり、新たな治療法の開発に繋がる可能性がある。

&Buzzとしては、この研究の成果により、パーキンソン病の治療法の向上や予防策の開発が進むことを期待しています。パーキンソン病は現在治療が困難な疾患の一つであり、多くの人々が苦しんでいます。そのため、新たなメカニズムの解明は非常に大きな進歩です。今後もこの研究の発展を見守り、治療法の実用化や患者の生活の質の向上に向けて、全力で応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Sci-news.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました