【&Buzzの口コミニュース】【ホオズキ】脂肪肝・生活習慣病・がんを予防するビタミンが豊富|日刊ゲンダイヘルスケア

&Buzzのヘルスケアニュース

ホオズキの観賞と食用について

ホオズキは日本では観賞用として有名であり、浅草のほおずき市などが特に知られています。お盆の行事では、先祖を迎える灯籠に似ているため、ホオズキが飾られることを覚えている人も多いのではないでしょうか。しかし、実はホオズキはヨーロッパなどでも食用とされる特徴的な実を持っています。その実は濃厚で甘酸っぱいベリーに似ており、最近では日本でも食用ホオズキが知名度を上げています。特に秋田県上小阿仁村は、1998年ごろから食用ホオズキの栽培に取り組んでおり、その地域で「恋どろぼう」というブランドが生まれました。また、「ストロベリートマト」「フルーツホオズキ」「ほおずきトマト」「オレンジチェリー」といったさまざまな名前や地域で、食用ホオズキが出荷されています。アメリカではデザート向けの果物として扱われる一方、日本では主に野菜としても利用されることが多いようです。ホオズキの果実はオレンジ色の球形からイチゴ形で、柔らかな皮の中には小さな白い種が内包されていますが、食べる上で特に気になることはありません。

このニュースの感想

&Buzzとしては、ホオズキの利用範囲の広がりに注目しているといえます。ホオズキは日本では観賞用として広く知られていますが、最近では食用としても人気が高まっています。特に上小阿仁村の取り組みや恋どろぼうブランドの成功は、地域の振興にもつながっています。野菜としての利用やさまざまな品種の開発など、今後もホオズキの可能性が広がっていくことが期待されます。消費者の健康志向や新たな食のトレンドにマッチする食材として、ホオズキの需要はさらに拡大する可能性があります。ホオズキに興味を持つ人々や関係者は、見守っていきたいと感じます。

この &Buzzニュースは、Nikkan-gendai.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました