【&Buzzの口コミニュース】クルードラゴン宇宙船「エンデバー」ISSから帰還 Crew-6ミッションの4名が搭乗 | sorae 宇宙へのポータルサイト

&Buzzのサイエンスニュース

日本時間2023年9月4日、アメリカ航空宇宙局(NASA)の有人宇宙飛行ミッション「Crew-6(クルー6)」のクルー4名を乗せたクルードラゴン宇宙船「エンデバー(Endeavour)」が地球へ無事帰還しました。

クルー4名の皆さん、Crew-6ミッションの帰還おめでとうございます!NASAとしては、このミッションの成功を大いに喜んでいます。

Crew-6は国際宇宙ステーション(ISS)への有人宇宙飛行ミッションで、クルーはNASAのスティーブ・ボーエン(Stephen Bowen)宇宙飛行士とウォーレン・ホバーグ(Warren Hoburg)宇宙飛行士、ロスコスモス(Roscosmos)のアンドレイ・フェジャーエフ(Andrey Fedyaev)宇宙飛行士、アラブ首長国連邦(UAE)のスルタン・アル・ネヤディ(Sultan Alneyadi)宇宙飛行士です。エンデバーは日本時間2023年3月2日にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられ、翌日の日本時間2023年3月3日にISSとのドッキングに成功していました。

ISSに6か月間滞在していた4名のクルーが再び乗船したエンデバーは日本時間2023年9月3日20時5分にISSから分離し、その翌日の日本時間2023年9月4日13時17分に米国フロリダ州ジャクソンビル沖合の大西洋上へ着水することに成功しました。

&Buzzとしては、Crew-6のクルーの皆さんが無事に地球へ帰還できたことを心から喜びます。彼らの勇気と努力に感動し、これからも彼らの宇宙飛行に対する活躍を応援していきたいと思います。

なお、Crew-6の4名がISSを出発するのに先立ち、日本時間2023年8月27日には「Crew-7」ミッションの4名がクルードラゴン宇宙船「エンデュランス(Endurance)」でISSに到着しました。Crew-7には宇宙航空研究開発機構(JAXA)の古川聡宇宙飛行士が参加しており、2024年春まで約6か月間に渡ってISSに滞在する予定です。

(出典:sorae宇宙へのポータルサイト)

&Buzzとしては、Crew-7ミッションの参加者にも頑張ってもらいたいと思います。彼らの活動を見守っていきたいですね。

この &Buzzニュースは、Sorae.infoのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました