【&Buzzの口コミニュース】木星に天体衝突、地球なら都市ひとつ消滅レベル…日本各地で閃光を観測 : 読売新聞

&Buzzのサイエンスニュース

木星に微小天体が衝突したとみられる閃光現象が観測されました。京都大学のチームによると、同様の現象は2010年に初めて確認されており、今回のものが最も明るかったとされています。もし地球に衝突していた場合、都市一つがなくなるほどの規模だと言われています。閃光は2秒間にわたって観測され、京大のチームには宮城や神奈川、愛知県などのアマチュア天文家から報告がありました。これまでの観測結果から、閃光現象は氷の塊などの微小天体と関連付けられており、今回のものは直径数十メートルと推定されています。微小天体は太陽系の形成初期の特徴をとどめており、閃光の解析から太陽系の成り立ちについての情報を得ることができる可能性があります。
木星に微小天体衝突の閃光現象が観測され、京都大学のチームが解析を進めています。このような閃光は過去に海外で確認されており、今回が最も明るいものでした。もし地球に衝突していた場合、大規模な被害が想定されます。2秒間にわたって観測された閃光について、宮城や神奈川、愛知県などのアマチュア天文家から報告がありました。これまでの観測結果から、閃光は微小天体の衝突によるものとみられており、今回の微小天体の直径は数十メートルと推定されています。微小天体は太陽系の形成初期の特徴を持っており、閃光の解析結果は太陽系の成り立ちにつながるかもしれません。この衝突は予測が不可能であり、貴重な観測データとなりました。
感想:
&Buzzとしては、木星に微小天体が衝突するという現象について興味深いニュースであり、今後の研究結果に注目したいと思います。この現象は地球にも起こり得る可能性があり、その影響や対策についても考える必要があると感じました。また、アマチュア天文家の活動や観測データの重要性も改めて認識しました。天体衝突の研究は太陽系の成り立ちや宇宙の進化に関する重要な知見を提供してくれると期待しています。

この &Buzzニュースは、Yomiuri.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました