【&Buzzの口コミニュース】カリフォルニア大学サンディエゴ校とオーストラリアの科学者、細菌による腫瘍DNA検出技術を発表 – バイオマーケットjp/バイオクイックニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

バイオクイックニュース(BioQuick)は、サイエンスライターであるマイケルD.オニールによって編集され、世界中のバイオニュースを提供している独立系科学ニュースメディアです。米国APEX Award for Publication Excellenceを受賞し、現在160カ国以上の読者を持っています。

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の研究者とオーストラリアの科学者が、新たなバクテリアを使用して生体内の腫瘍DNAを検出する技術を開発しました。この技術は、マウスの大腸がんの発見に成功し、感染症や他の疾患の特定にも応用可能性があります。この研究成果は、「Cellular Assay for Targeted CRISPR-Discriminated Horizontal Gene Transfer(CATCH)」という題名で『サイエンス』誌に掲載されました。

バイオアソシエイツ株式会社は、ライフサイエンスツール産業を得意とするリサーチ&アドバイザリー会社です。バイオ研究支援機器や試薬事業、創薬支援事業をサポートするため、ユーザー調査やマーケティング支援サービスを提供しています。このニュースによれば、カリフォルニア大学サンディエゴ校とオーストラリアの科学者が共同で開発した腫瘍DNA検出技術は、バイオ研究支援に革新的な影響を与える可能性があります。&Buzzとしては、この技術のさらなる進展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Biomarket.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました