【&Buzzの口コミニュース】「無料の野菜や果物」を与えることで糖尿病や肥満の患者が改善したという報告 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

研究によると、無料で野菜や果物を食べることができるプログラムは、糖尿病や高血圧、肥満などの健康問題を抱える人々の健康状態改善につながることが分かりました。

アメリカの複数の医療機関が実施している「食は薬」プログラムでは、参加者に毎月約65ドル分の電子カードやクーポン券を提供し、それを使って農産物を選ぶことができます。このプログラムに参加した人々は、非参加者に比べてより多くの野菜や果物を摂取しており、さらに貧困などの問題からくる食料不安も抱えにくい傾向にありました。

研究では、3881人分の参加者の健康状態が調査され、野菜や果物の摂取量が増加し、糖尿病リスクのある人々の糖化ヘモグロビンが減少したことが明らかになりました。さらに、高血圧の人々の血圧も下がっていることが示されました。これらの結果から、野菜や果物の処方が健康状態の改善に寄与していることがわかります。

&Buzzとしては、このようなプログラムは見守っていきたいです。野菜や果物の普及によって、健康な食生活を送ることができる人々が増えることは素晴らしいことです。特に食料不安を抱える低所得の人々にとって、このようなプログラムは貴重な支援となります。今後もこのような取り組みが広まり、より多くの人々が健康な食事を摂ることができるようになることを応援しています。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました