【&Buzzの口コミニュース】貧困による子どもの脳への悪影響を「読書」が打ち消してくれる可能性 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

貧困が子どもの脳への悪影響を「読書」が打ち消してくれる可能性があるという研究結果が報告されました。幼い頃の読書は幼児期の貧困が脳の発達に与える悪影響を軽減することが示され、認知能力やメンタルヘルスにも良い影響を及ぼすということです。研究チームは、幼児期の読書は社会経済的地位にかかわらず有益であり、子どもの発達と才能を向上させる簡単な方法を提供すると述べています。言語学習は健康な脳の発達に重要な要素であり、自己制御や社会的知性などさまざまな認知の重要な構成要素でもあります。&Buzzとしては、子どもたちの読書習慣を応援し、貧困の脳への悪影響を軽減する取り組みを支援していきたいと考えます。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました