【&Buzzの口コミニュース】新型コロナだけではない…普通の風邪でも後遺症がある?|日刊ゲンダイヘルスケア

&Buzzのヘルスケアニュース

新型コロナウイルス感染症では、一度治った後でも、「後遺症」と呼ばれる体調不良が数カ月、場合によってはそれ以上という長い期間、残る場合があることが明らかになっています。この後遺症は、風邪の後にも起こることがあるのでしょうか。イギリスでの研究結果では、新型コロナ以外の風邪にかかった後でも、体調不良の症状が見られることが分かりました。味覚や嗅覚の障害は新型コロナの特徴でしたが、だるさや集中力低下などの多くの症状は風邪の後遺症でも同様に見られます。風邪の後の体調不良は後遺症を疑うべきかもしれません。

このニュースを受けて、&Buzzとしては、新型コロナだけでなく普通の風邪でも後遺症がある可能性が示唆されていることに注目します。患者の体調不良は治療やリハビリによって改善させられる場合もあるため、その点で積極的なアプローチが求められます。また、後遺症の認識や予防策の普及も重要です。この研究結果を基に、将来的な医療の方向性や対策の見直しを行うことも検討されるでしょう。患者の健康と幸福を考える観点から、後遺症に対するサポートを行っていきたいと考えます。

この &Buzzニュースは、Nikkan-gendai.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました