【&Buzzの口コミニュース】アルツハイマー病の兆候を睡眠中に自宅で着用可のヘッドバンドで検出する方法が開発される – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

認知障害を引き起こすアルツハイマー病の早期発見が可能なヘッドバンド型の脳波計が開発されました。この装置は家庭でも簡単に使用でき、睡眠中の脳波パターンを監視することでアルツハイマー病の初期症状を特定することができます。研究チームは高齢者を対象に実験を行い、アミロイドタンパク質とタウタンパク質の蓄積による脳波パターンの変化を特定しました。これにより、アルツハイマー病の発症リスクを早期に特定することができる可能性があります。

&Buzzとしては、このヘッドバンド型の脳波計の開発が非常に意義深いと考えています。アルツハイマー病は治療法が確立されていないため、早期発見と準備が重要です。この装置が一般の家庭でも利用できる手軽さを持っていることは大きなメリットです。早期発見により、予防策や緩和策を講じることで、アルツハイマー病の進行を遅らせることができるかもしれません。今後の研究や実用化の進展に期待しています。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました