【&Buzzの口コミニュース】新型「レクサスIS」はセダンとシューティングブレークの2本立て!! BEV専用車に生まれ変わって25年デビューか!? – 自動車情報誌「ベストカー」

&Buzzのビジネスニュース

新型「レクサスIS」はセダンとシューティングブレークの2本立て!! BEV専用車に生まれ変わって25年デビューか!?

日本の自動車情報誌「ベストカー」によると、レクサス ISの次期モデルは電気自動車(BEV)になるとのことです。現在、ヨーロッパ市場でも競合他社との戦いが続いているISは、2025年にシャープなワゴンスタイルも持った新型モデルとして登場する予定です。

この新型ISは、2021年に発表されたレクサスの電気自動車部門であるエレクトリファイドセダンにも採用されているスピンドルボディを持つ予定です。さらに、ワゴンタイプもラインナップされ、シューティングブレークのようなスタイリッシュなデザインとなるでしょう。

新型ISは、トヨタの新しい電気自動車専用プラットフォームであるe-TNGAを採用する可能性が高いとされています。後輪駆動のISは高出力を得るために大きくなりすぎるため、eアクスルと呼ばれる電動駆動モジュールをリアに搭載し、前後2モーターの4WDとする可能性が考えられます。

ただし、2025年の登場までには新しい技術も投入されるかもしれません。電動トルクベクタリングや2速トランスミッションなど、現在開発中の技術が採用される可能性もあるので、注目が集まります。


&Buzzとしては、トヨタがISをBEVに転換する決断をしたことは、大変興味深いものです。電気自動車市場が急速に成長している現在、競合他社に対抗するためにもトヨタがBEVに注力する姿勢は素晴らしいものです。ISのデザインやパフォーマンスに期待が高まります。業界トップの技術や革新的な機能を投入し、新たなモビリティの未来を切り拓いて欲しいと思います。

この &Buzzニュースは、Bestcarweb.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました