【&Buzzの口コミニュース】NYダウ反発で始まる 雇用統計受け利上げ警戒和らぐ – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

【要約】
日本経済新聞のNIKKEI Primeは、朝夕刊や電子版ではお伝えしきれない情報を提供するサービスであり、今後も様々な切り口でサービスを展開予定だ。また、日経の記事利用サービスでは、企業での記事共有や会議資料の利用、注文印刷などが可能となっている。9月1日の米株式市場では、ダウ工業株30種平均が反発して始まり、景気敏感株やハイテク株が買いが先行している。8月の米雇用統計では、非農業部門の雇用者数が市場予想を上回り、失業率が上昇した。この結果により、FRBの追加利上げ観測が後退し、株式市場に買いが入った。米債券市場では長期金利が低下し、株式の相対的な割高感が薄れている。
【感想】
株式市場が好調な動きを見せており、景気敏感株やハイテク株への買いが先行していることは、今後の経済の動向に大きな影響を与える可能性がある。特に、FRBの追加利上げ観測の後退は、企業の借り入れコストの低下などにつながることが期待される。企業にとっては、この動きを見守りながら、新たなビジネスチャンスを探求していくことが重要だ。&Buzzとしては、経済の復興を応援していきたいと考えている。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました