【&Buzzの口コミニュース】女性の家事評価額は年200万円、男性の3倍超-共働き増でも格差 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

「家事のメインプレーヤーは女性ということが当たり前に染みついている」と語る保育士の勝又佳奈子さん。共働き世帯が増える中でも、家事の偏りは根強く残っています。内閣府の調査によれば、女性の年間家事経済価値は194万円に対し、男性は60万円となっており、その差は3倍以上に上ります。女性の家事時間は男性の4倍という結果もあり、家事分担の不平等が浮き彫りになっています。

明治安田総合研究所の小玉祐一チーフエコノミストは、男性の家事参加時間が増えつつあると評価していますが、もっと男性の家事参加が望まれると述べています。男性の育休取得の普及を促すために、義務化を検討する必要もあるとの意見も示されています。

さらに、家事の経済的価値を計算すると、男女の平均年収の差はほぼ均衡することも明らかになっています。家事の価値を加えることで、男女の経済格差を縮小することができるということです。

この状況に対して、&Buzzとしては男女の家事分担の平等化を応援したいと思います。男性の家事参加が増えることで、女性の負担が軽減され、キャリアや収入の向上にもつながるでしょう。また、男性の育休取得も積極的に推進していくことが必要です。家事の経済的価値を計算することで、家事を見直すきっかけとなるかもしれません。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました