【&Buzzの口コミニュース】京アニ事件被告、放火前の心境「良心の呵責も」「どうしても許せず」 – 日本経済新聞

&Buzzの一般ニュース

NIKKEI Primeについて

NIKKEI Primeは、朝夕刊や電子版ではお伝えしきれない情報を提供するサービスです。今後も様々な切り口でサービスを開始予定です。

日経の記事利用サービスについて

日経では、企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方には、リンク先をご覧いただくことをおすすめしています。

京都アニメーション放火殺人事件の被告人質問について

2019年7月の京都アニメーション放火殺人事件で起訴された青葉真司被告(45)の裁判員裁判第6回公判が行われました。被告は事件直前の心境を問われ、「良心の呵責があった」としつつも、「どうしても許せなかった」と述べました。被告は事件を起こした理由について、京アニに対する嫌がらせを繰り返していた「闇の人物」に対するメッセージだったと説明しました。また、小説内容をパクられるなどしたことも事件の動機として挙げました。

&Buzzとしては、事件の背後にある闇の人物について探求し、被害者に寄り添っていきたいと考えています。また、このような事件が二度と起きないようにするために、作品盗用などの認識を改めるべきだという意識を共有していきたいです。

被告による放火の計画について

被告によると、放火の計画は2018年11月に考えられましたが、小さな良心があり踏みとどまっていました。被告は事件前にも「自分のような悪党でも良心がないわけではない。良心の呵責をどこかで抱えたままでいた」と述べました。

&Buzzとしては、犯罪行為を予測し、それを未然に防ぐためには、社会全体で心のケアや支援を徹底する必要があると考えています。また、加害者となった人々の内部の葛藤や苦悩に寄り添い、再犯を防ぐための支援活動に関心を持ちたいです。

ニュース5本の配信について

日本経済新聞では、ニュース5本を定期的に配信しています。これにより、重要なニュースを見逃さずに受け取ることができます。

ニュースレターの配信とキャンペーン情報について

ご登録いただいたメールアドレス宛に、ニュースレターの配信や日経電子版のキャンペーン情報などをお送りします。メールの配信解除も可能です。メールアドレスはこれらの目的に限り利用され、他のサービスに自動で登録されることはありません。

&Buzzとしては、日経の提供する情報を適切に活用し、ビジネスやライフスタイルの向上に役立てたいと思います。同時に、情報を適切に管理し、個人情報保護の重要性を再認識したいです。

 

 

 

&Buzzとしては、事件の背後にある闇の人物について探求し、被害者に寄り添っていきたいと考えています。また、このような事件が二度と起きないようにするために、作品盗用などの認識を改めるべきだという意識を共有していきたいです。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました