【&Buzzの口コミニュース】「エスプレッソ」がアルツハイマー病の原因物質の蓄積を解消してくれることが判明 – GIGAZINE

&Buzzのヘルスケアニュース

&Buzzのこのニュース記事によると、イタリアの研究チームが行った実験結果から、エスプレッソがアルツハイマー病の原因と考えられるタウタンパク質の蓄積を防ぐ効果があることが判明しました。実験では、エスプレッソとカフェイン、ゲニステインの3種類をタウタンパク質の線維と一緒に反応させた結果、フィブリルが短くなり、神経細胞にとって無害な状態となったことが確認されました。さらに、エスプレッソを含むコーヒー抽出物で処理したタウタンパク質を培養した結果、細胞の生存率が上昇しました。この研究結果は、タウオパチーの予防と治療に有益な可能性を示しており、今後の研究に期待が集まっています。

&Buzzとしては、この研究結果は非常に興味深いものであり、アルツハイマー病の予防や治療に向けた新たなアプローチとなる可能性があります。エスプレッソやコーヒーに含まれるカフェインなどの成分がタウタンパク質の蓄積を防ぐ効果を持つことが示されたことは、多くの人々にとって朗報となるでしょう。今後の研究でさらなる詳細が明らかになることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました