【&Buzzの口コミニュース】日本脳炎の感染リスク高まる 香川県が注意呼び掛け | KSBニュース | KSB瀬戸内海放送

&Buzzのヘルスケアニュース

【日本脳炎の感染リスク高まる】

香川県によると、2023年8月28日、県内で飼育された10頭のブタから採血し、日本脳炎ウイルスの抗体が検出されたことがわかりました。そのうち3頭は最近感染したことが判明しました。この結果、香川県ではヒトへの感染リスクが高まっているとして、予防接種や蚊が媒介するコガタアカイエカの駆除、虫よけスプレーの使用や長袖長ズボンの着用など、対策を呼び掛けています。なお、香川県では1995年に1人の日本脳炎患者が確認されて以降、新たな感染者は確認されていません。

【感想】

&Buzzとしては、香川県による感染リスクの呼びかけに敬意を表します。日本脳炎ウイルスの感染は深刻な問題であり、予防措置の重要性は言うまでもありません。感染リスクの高まりに対して、迅速な行動が求められます。また、コガタアカイエカの駆除や虫よけスプレーの使用などの対策も効果的ですが、地域の協力が不可欠です。地域全体で予防活動に取り組むことが重要であり、&Buzzとしては地域社会の安全と健康の維持に向けて、この取り組みを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Ksb.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました