【&Buzz口コミニュース】治療前の統合失調症患者におけるメタボリックシンドローム有病率|医師向け医療ニュースはケアネット

&Buzzのヘルスケアニュース

統合失調症患者のメタボリックシンドローム(MetS)有病率に関する研究が行われました。中国・武漢精神保健センターの研究チームは、初回治療および未治療の統合失調症患者を対象にMetS有病率を調査し、性差や重症度に影響を与える要因を検討しました。
その結果、統合失調症患者のMetS有病率は男性(62.6%)よりも女性(38.9%)の方が低かったことがわかりました。また、男性患者では喫煙、脂質異常症、症状の重症度がMetSのリスク因子と関連していました。一方、女性患者では高用量の抗精神病薬の使用がMetSのリスク因子と関連していました。
統合失調症患者におけるMetSの性差や関連要因についての知見は、治療や予防法の策定に役立つ可能性があります。今後の研究でさらなる詳細な解析が進められることが期待されます。
&Buzzとしては、メタボリックシンドロームに関する研究が進められ、統合失調症患者における性差や関連要因についての知見が得られたことは、大変興味深いです。統合失調症の治療や予防において、MetSの管理が重要であり、性別による個別化したアプローチが求められることが示唆されています。今後の研究でさらなる詳細な解析が進められることを見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Carenet.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました