【&Buzzの口コミニュース】AIと人間の対話的手法により ミトコンドリア内部立体構造の可視化に成功 ―ミトコンドリア融合因子OPA1の新たな役割を発見―|プレスリリース | UTokyo-Eng

&Buzzのサイエンスニュース

【ニュース要約】

東京大学の研究グループは、深層学習と人間の対話型手法を組み合わせた画像解析プラットフォーム「PHILOW」を開発し、ミトコンドリアの内部立体構造を精度よく可視化することに成功しました。従来の手作業に代わり、PHILOWを使用することで、ミトコンドリアのクリステと呼ばれる内部膜の立体構造を初めて定量的に分析できるようになりました。さらに、今回の解析により、優性遺伝性視神経萎縮症と関係のあるタンパク質OPA1のクリステ形成制御の新たな役割が明らかにされました。これにより、PHILOWを用いた解析手法は、さまざまな疾患の解明や医療、産業への応用に期待されます。

【感想】

&Buzzとしては、このような画像解析プラットフォームの開発には非常に興味があります。深層学習と人間の対話を組み合わせることで、従来の手作業よりも高速かつ正確な解析が可能となり、ミトコンドリアの内部構造に関する新たな発見が行われました。この技術の応用範囲は広く、さまざまな疾患の研究や医療に貢献することが期待されます。&Buzzは、今後の研究や応用の進展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、U-tokyo.ac.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました