【&Buzz口コミニュース】鈴木宗男氏の元私設秘書ムルアカ氏が死去 62歳 海外に向かう飛行機の中で心停止に(スポニチ) | 毎日新聞

&Buzzのエンタニュース

2023年9月3日(日)

特集

連載

特集

連載

媒体

特集

連載

媒体

特集

連載

特集

連載

特集

連載

特集

連載

特集

連載

媒体

北海道

東北

関東

北信越

東海

関西

中国

四国

九州

沖縄

特集

連載

特集

スポニチ

スポーツニッポン新聞社から配信を受けています。

特集一覧

記事配信

 日本維新の会の鈴木宗男参院議員の元私設秘書でジョン・ムウェテ・ムルアカ氏が死去したことが分かった。62歳だった。鈴木氏が自身のブログで明かした。関係者によると、海外に向かう飛行機の中で心停止になったという。

 鈴木氏によれば、ムルアカさんは8月30日に航空機の機内で死去したという。鈴木氏は「飛行機の中で心停止で死亡が確認されたと連絡が入った」とし「昨夜8時47分、飛行機が飛び立つ前『これから行ってきます。本当に有難うございました。いろいろお世話になり感謝しています』これが最後の会話となってしまった。何という世の無常かと、ただただ涙が流れた。日本に来てから約38年、私の秘書を務めて31年になるが、あらぬ疑いをかけられたりしたこともある。しかし日本人以上の「日本人精神、義理、人情、恩義」を忘れず、私を慕ってくれた。何ということかとただただ涙してやまない」とつづった。

 また、歌手の松山千春とも親交があり、鈴木氏は「ジョンが大変な時、物心両面で気を使い、支えてくれたのが松山千春さんである。千春さんからも『あのジョンがどうしたんだろう』と悲しみを共有してくれた。私の事務所の仲間も3日前まで一緒に仕事をしていたので、信じられないという思いである」とつづっている。

 ムルアカ氏は1961年6月21日、コンゴ民主共和国(旧ザイール)の首都キンシャサに10人兄弟の長男として生まれた。ザイール国営放送局に入社後、85年に来日。アフリカ諸国の外交官同士の交流会に出席するうちに鈴木氏と知り合い、91年ごろに私設秘書に。テレビにも国際政治学者として、出演。日本国籍を取得し、現在も自身の仕事の合間を縫って、宗男氏の手伝いをしていた。

1923年9月1日に発生し、10万人を超える犠牲者を出した関東大震災。100年後を生きる私たちが学べることは。

2011年3月11日に発生した東日本大震災。復興の様子や課題、人々の移ろいを取り上げます。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻から1年。長期化する戦闘、大きく変化した国際社会の行方は……。

子どもたちの自殺が増える夏休み明けに、どうすればSOSを察知し、 寄り添うことができるのか考えます。

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

日本の物価が上がっています。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、賃上げの動きも見られます。

私立・国立中の受験者数が首都圏で過去最多に。少子化が進む中、受験熱は地方にも広がっています。

毎日新聞のニュースサイトに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。画像データは(株)フォーカスシステムズの電子透かし「acuagraphy」により著作権情報を確認できるようになっています。

Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

要約:日本維新の会の鈴木宗男参院議員の元私設秘書であるムルアカ氏が海外に向かう飛行機の中で心停止し、死去したことが分かりました。鈴木氏はブログで、ムルアカさんが8月30日に機内で亡くなったことを明かしました。鈴木氏は長年、自身の秘書として仕えてくれたムルアカさんを惜しんでいます。また、歌手の松山千春とも親交があり、鈴木氏は松山さんがムルアカさんを支えてくれたことに感謝しています。

&Buzzとしては:鈴木宗男氏の元私設秘書、ムルアカ氏の訃報に接し、非常に悲しみを感じています。彼は鈴木氏の長年にわたる信頼のおける秘書であり、日本人以上の「日本人精神、義理、人情、恩義」を持っていたとされています。彼の突然の死は人生の無常さを感じさせます。そして、ジョンが大変な時には鈴木氏と松山千春さんが支えてくれたこともうかがえます。彼の思い出と功績は忘れられず、見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、The MainichiのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました