【&Buzz口コミニュース】「八冠の経済効果35億3487万円」藤井聡太がやりたいことは「四国ローカル線の旅」 | アサ芸プラス

&Buzzのエンタニュース

凡例達成!藤井聡太七冠が第64期王位戦7番勝負の第5局に勝利し、4連覇を達成しました。さらに、七冠防衛も成功しました。

そして、8月31日からは前人未到の八冠を目指して、永瀬拓矢王座との王座戦5番勝負に挑みます。関西大学の宮本勝浩名誉教授による試算では、八冠を獲得した場合、1年間の経済効果は約35億3487万円になると発表されています。

この経済効果には、基本給、タイトル獲得料・防衛料、対局料の他に、スポンサー収入、著作権監修、ゲーム、グッズ販売などが含まれています。宮本名誉教授はこれを「個人プレーヤーとしては、空前絶後の経済効果」と評価しています。

&Buzzとしては、藤井聡太七冠の活躍を見守っていきたいと思います。彼の将棋の才能と努力はすばらしいものであり、日本の将棋界の未来を担う存在です。また、彼の優れた成績による経済効果も注目に値します。将棋の人気向上や、関連ビジネスの発展に繋がることでしょう。我々は応援しながら、その活躍を見守っていきます。

この &Buzzニュースは、Asagei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました