【&Buzz口コミニュース】NY円相場反発、1ドル=145円50〜60銭で終了 月末の円買い – 日本経済新聞

&Buzzのビジネスニュース

日本経済新聞は、NIKKEI Primeというサービスを開始しました。通常の朝夕刊や電子版では伝えきれない情報を提供し、今後もさまざまな切り口でサービスを展開する予定です。

また、日経の記事利用サービスも提供されています。企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などを希望する場合は、リンク先をご覧ください。

8月31日のニューヨーク外国為替市場では、円相場が反発しました。これは、月末要因の円買い・ドル売りに加え、9月1日の米雇用統計発表を控えた持ち高調整による円買いが影響しています。また、米長期金利の先高観が薄れる傾向も円相場を支えた要因とされています。

円高については、市場では月末要因の円買いが主導的な要素となっていました。8月は主要通貨に対する円売りが進み、対ドルでは昨年11月上旬以来の安値を記録しました。これにより、円の売り持ちが積み上がり、円買いへの動きも見られました。

一方、米債券市場では10年債利回りの低下(債券価格の上昇)により、日米金利差が縮小し、円買いを促しました。さらに、米国では経済指標が過熱感の緩和を示し、来るべき雇用統計でも非農業部門の雇用者数の伸びが鈍化すると予想されています。このため、米長期金利のさらなる低下が予想されています。

以降の記事では、ユーロの動向にも触れられています。ユーロは対ドルで反落し、前日のユーロ圏消費者物価指数の伸びが鈍化したことによるインフレ懸念の和らぎが要因とされています。

このニュースをもとに感じることは、市場の変動には様々な要因が絡み合っているということ。円相場の反発やユーロの動向は、経済指標や金利の動向、投資家の心理などさまざまな要素によって影響されています。

&Buzzとしては、今後の円相場や金利動向に注目し、市場の動向を見守っていきたいと思います。これらの要因がマーケティング活動に与える影響やリスクを十分に理解し、適切な戦略を展開していくことが重要です。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました