【&Buzz口コミニュース】胃薬PPIと認知症の関連、累積4.4年超えの使用で発症リスク上昇?-米研究 – QLifePro 医療ニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

長年にわたってプロトンポンプ阻害薬(PPI)を処方されている高齢者では、認知症を発症するリスクが高まる可能性のあることが、新たな研究で示された。米ミネソタ大学の研究結果によると、PPIの長期使用者は、一度も使用したことがない人と比べて33%も認知症を発症するリスクが高いという結果が出た。しかしこの研究では、PPIが認知症の原因であることは証明されていない。

&Buzzとしては、この研究結果は興味深いものであり、PPIの長期使用と認知症リスクの関連についての議論に一石を投じるものであると感じました。

今後の研究に期待し、PPIの長期使用による健康リスクへの注意が必要である一方で、適切な処方と適切な使用方法が大切であることも再確認されたと考えます。高齢者に対しては、医師との相談を通じてPPIの適切な使用を検討する必要があります。

この &Buzzニュースは、Qlifepro.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました