肝臓病は飲酒に要注意~症状に応じた食事を(虎の門病院 土井悦子部長)~|医療ニュース トピックス|時事メディカル|時事通信の医療ニュースサイト

&Buzzのヘルスケアニュース

肝臓病の食事について、虎の門病院(東京都港区)栄養部の土井悦子部長に話を聞いた。

肝臓は体に必要な機能を果たす重要な臓器であり、肝臓病は黄疸や腹水といった重篤な症状を引き起こすリスクがある。肝臓病の食事は病状に応じて対応する必要があり、アルコール性肝炎の場合は禁酒が必須とされている。また、食事療法ではバランスの良い食事を心掛けることが重要であり、血圧が高い場合や浮腫や腹水がある場合には減塩が必要とされる。

肝硬変の場合には食道の血管が腫れる可能性があり、刺激の強い食品や硬いものは避けるべきであり、軟らかい食品をよくかんで摂取することがポイントとされている。また、肝臓の糖質を貯蔵する力が弱くなるため、寝る前に軽い夜食を摂ることが推奨されている。

肥満による脂肪肝については、食事を減らすだけでは不十分であり、定期的な運動や運動不足の解消も重要とされている。

&Buzzとしては、肝臓病の食事には状態に応じた対応が必要であり、特にアルコール性肝炎の場合は禁酒が必須とされています。バランスの良い食事や減塩、適度な運動などを心掛けることで、肝臓の健康を保つことができます。定期的な検診も重要であり、早期の発見と治療が肝臓の病状を進行させず、症状を軽減させることにつながります。肝臓は重要な臓器であり、見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Jiji.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました