【認知症】母親の死後、血糖コントロールが悪くなった父親をなんとかしたい|日刊ゲンダイヘルスケア

&Buzzのヘルスケアニュース

記事要約:

40代の女性が心配しているのは、父親の糖尿病の進行が招く合併症として、認知症のリスクが高くなることです。父親は糖尿病で30年近く薬を服用しており、母親が生きていた頃は血糖コントロールが良かったのですが、半年前に母親が亡くなってからはレトルト食品やスーパーの総菜が増え、血糖コントロールも悪化してしまいました。糖尿病の3大合併症とは、神経障害、腎症、網膜症であり、最近では認知症も糖尿病の合併症として認識されています。

感想:

&Buzzとしては、家族の健康を見守っていく必要性を感じます。糖尿病の血糖コントロールが悪化することで、認知症のリスクが高まるとのこと。そのため、適切な食事管理や生活習慣の改善が重要です。このようなニーズに応えるためには、情報提供やサポートの充実が必要となります。また、健康に関する情報を広く届けることで、家族の健康への意識を高め、予防や早期対応への意識を持つことも重要です。&Buzzは、このような取り組みを通じて、みなさまの健康を見守り、応援していきたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Nikkan-gendai.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました