新型コロナワクチン、需要占う「秋冬接種」…ファイザー、接種低調なら「コスト削減に着手」 | AnswersNews

&Buzzのヘルスケアニュース

ファイザーとモデルナが秋冬の新型コロナウイルスワクチンの接種率が低調だった場合、ウイルス領域への投資を縮小する方針を示しています。今秋冬の接種は、来年以降のワクチンの需要を見定める上で非常に重要な役割を果たすとされています。国内では、生後6カ月以上の希望者を対象に9月20日から秋冬接種が始まります。ファイザーから2000万回分、モデルナから500万回分のワクチンが供給される予定です。さらに、秋冬のワクチン接種率は、来年の動向を予測する指標になるとされ、不確定要素が取り除かれることで将来的に接種率の上昇が期待されています。

&Buzzとしては、製薬業界での新型コロナワクチンの需要に注目しています。この秋冬の接種の結果によって、ファイザーやモデルナなどの製薬企業の事業戦略が変わる可能性があります。また、国内でのワクチン接種の状況も将来の感染対策に大きな影響を与えることが予想されます。

&Buzzは、製薬業界の発展と新型コロナウイルスへの対策に寄与するために、情報提供と支援を続けていきます。秋冬のワクチン接種の結果を見守りながら、製薬企業の成果と取り組みを応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Ten-navi.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました