【&Buzzの口コミニュース】さつまいもを甘くねっとり加熱するには?調理法で味わいが変わる | ガジェット通信 GetNews

&Buzzのヘルスケアニュース

さつまいもは食物繊維が多く、甘くてねっとりとした食感が特徴的です。さつまいもに含まれる主な糖質成分はフルクトース、グルコース、スクロース、マルトースです。特にスクロースとマルトースの割合が大きく、マルトースは加熱によって糊化したでんぷんにβ-アミラーゼという酵素が作用することで多く生成されます。
さつまいものβ-アミラーゼは75~85℃以上で働きが弱まり、糊化温度が高いほどβ-アミラーゼが働きにくくなるため、マルトース含有率が低くなり甘みが減少すると考えられます。
さつまいもの甘さには品種や栽培地も影響を与えます。寒冷地で育つとでんぷんの糊化温度が低くなり、温度が上がる前にマルトース生成が始まるため、甘さが強くなる傾向があります。
さつまいもを甘くするには、焼き芋を長時間加熱する方法が効果的です。焼き芋ではゆっくりと時間をかけて加熱されるため、β-アミラーゼの働く時間が長くなり、マルトースが多く生成されます。その結果、甘味が強くなります。
さつまいもの食物繊維は、蒸し加熱や電子レンジ加熱によっても変化します。蒸し加熱すると不溶性食物繊維が増加し、電子レンジ加熱でもわずかながら不溶性食物繊維が増えます。さらに、電子レンジ加熱では保水性が高まり、しっとりとした食感を味わえると考えられます。
さつまいもはビタミンCを多く含んでおり、加熱しても損失せずに残ります。また、さつまいもの皮にはアントシアニンというポリフェノールが含まれており、皮ごと調理することで栄養を効果的に摂取することができます。
さつまいもの甘さや食感は加熱方法によっても変化しますので、料理に生かして楽しむことができます。
&Buzzとしては、さつまいもの甘さや食感の特性について学び、さまざまな加熱方法で味わいを楽しむことができると思います。特に焼き芋は時間をかけて加熱することで甘味が強くなり、食物繊維も増えるため、栄養面でも優れた調理法と言えます。さつまいもの甘さや食感を活かしながら、さまざまな料理に活用してみましょう。

この &Buzzニュースは、Getnews.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました