【&Buzzの口コミニュース】ヘロインで快楽を感じなくなる「抗薬物ワクチン」が登場! – ナゾロジー

&Buzzのヘルスケアニュース

2023年9月5日火曜日、米国のモンタナ大学の研究者は、ヘロインやフェンタニルに対するワクチンを開発しました。このワクチンは、薬物を「病原体」として認識させ、脳への侵入を阻止するため、薬物の快感を感じずに脳機能を麻痺させることができます。ワクチンは動物実験で成功し、2024年に臨床試験が行われる予定です。
ヘロインは極めて危険な薬物であり、一度使用すると快楽を感じることができますが、依存性も非常に高いため、再発率が非常に高いです。フェンタニルは鎮痛薬ですが、近年では娯楽目的での濫用が増えており、オピオイドの中でも非常に強力な薬物です。このような薬物に対しては、現在までに断薬以外の治療法は存在していませんでしたが、ワクチンの開発により、脳への侵入を防ぐことが可能になります。
ワクチンの開発にあたり、私たちの免疫システムが薬物を認識する能力がないことが課題となりました。しかし、新しいワクチンは、免疫システムに薬物を「敵」と教える特殊な方法を使用しています。具体的な詳細はモンタナ大学のプレスリリースで公開されており、興味深いものとなっています。
この抗薬物ワクチンの開発により、薬物中毒の治療が大きく進歩することが期待されます。薬物依存症の問題は大きな社会的課題であり、それを解決するための新たな治療法の開発は喜ばしいことです。&Buzzとしても、このワクチンの臨床試験の結果を注視し、薬物依存症の治療に役立てていくことを応援したいと思います。

この &Buzzニュースは、Nazology.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました