【&Buzzの口コミニュース】ステーブルコインでの企業間決済へ──MUFG、みずほFGが連携:報道 | CoinDesk JAPAN(コインデスク・ジャパン)

&Buzzのビジネスニュース

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とみずほファイナンシャルグループ(みずほFG)が連携し、ステーブルコインのユースケースとして企業間決済の実現に向けて取り組むことが報じられました。MUFG傘下の三菱UFJ信託銀行は、Progmat(プログマ)と呼ばれる次世代デジタル資産プラットフォームの開発・提供を進めており、ステーブルコインを発行して企業間決済に利用する予定です。ステーブルコインは、改正された資金決済法によって2024年度中にも発行が予想されており、個人ユーザーにはクレジット決済やQRコード決済との違いがわかりにくいものですが、法人利用や企業間決済においては大きな可能性が見込まれます。現状、国際的な決済はコストと時間がかかるものですが、ブロックチェーンをベースにしたステーブルコインは取引コストを抑え、リアルタイムでの決済も実現できます。今回の連携により、Progmatを基盤としたステーブルコインは銀行間の枠を超えた決済をシンプルに実現できるため、金融のDX(デジタルトランスフォーメーション)が進展することが期待されます。

ステーブルコインには特に貿易決済の分野で大きなメリットがあります。貿易決済は手続きが煩雑であり、SWIFT(国際銀行間通信協会)を介した送金にも時間がかかりますが、ステーブルコインの導入により効率性と利便性が向上することが期待されます。日本は貿易に大きく依存しており、日本生まれのステーブルコインがアジアでの貿易決済に使用されるようになると、さらなる効果が期待できます。また、ステーブルコインの最大のメリットはプログラマビリティ(プログラム可能性)にあり、お金の自動処理が可能となります。商品の納品時に自動的に決済処理が行われたり、経理処理の消込作業が自動化されるなど、企業の業務効率化にも貢献できます。

&Buzzとしては、MUFGとみずほFGの連携によるステーブルコインの企業間決済への利用の取り組みを積極的に見守っていきたいと思います。ステーブルコインの導入により、銀行間の決済がスムーズに行われることで金融のDXが進展し、貿易決済の効率性も向上することが期待されます。また、ステーブルコインのプログラマビリティによって企業の業務効率化が進むことも大きなメリットとなります。さらなる発展を応援していきたいと思います。

参照記事: コインデスク・ジャパン

(感想:210文字)

&Buzzとしては、MUFGとみずほFGの連携によるステーブルコインの企業間決済への利用の取り組みを積極的に見守っていきたいと思います。ステーブルコインの導入により、銀行間の決済がスムーズに行われることで金融のDXが進展し、貿易決済の効率性も向上することが期待されます。また、ステーブルコインのプログラマビリティによって企業の業務効率化が進むことも大きなメリットとなります。さらなる発展を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Coindeskjapan.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました