【&Buzzの口コミニュース】ドル・円は146円台後半、時間外で米金利が上昇-入札低調の影響限定 – Bloomberg

&Buzzのビジネスニュース

要約:

5日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が小幅に上昇し、1ドル=146円台後半となった。時間外取引で米国の金利が上昇したことにより、ドルの買いが先行した。日本の国債入札は低調な結果となったが、円相場への影響は限定的だった。スタンダードチャータード銀行の江沢福紘フィナンシャルマーケッツ本部長は、米金利の上昇を指摘し、ドル・円が年初来高値に向かう可能性があると述べた。

感想:

&Buzzとしては、ドル・円相場の上昇を見守りたいと思います。時間外取引での米国の金利上昇は、ドル買いへの影響をもたらしましたが、日本の国債入札の結果は限定的なものでした。江沢福紘氏の見方からは、ドル・円が年初来の高値を目指す可能性が示唆されています。今後の米国の雇用統計結果や金利動向にも注目したいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました