【&Buzzの口コミニュース】イタリア外相が訪中、波風立てずに「一帯一路」離脱する道を模索 – Bloomberg

&Buzzの一般ニュース

イタリアのタヤーニ副首相兼外相は、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」から離脱するための環境を整えながら、世界2位の経済大国と対立する事態を避けるというバランスの難しい任務を携えて中国を訪問している。

イタリアのタヤーニ副首相兼外相が中国を訪れ、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」からの離脱を協議しています。彼は中国との対立を避けながら、離脱の可能性を探るため、中国高官との会談を予定しています。この訪中で、彼は2019年に締結された合意が期待通りの結果を出せなかったことを述べました。

「一帯一路は過去の決定だ」とタヤーニ氏は2日、国際経済フォーラムが開催されたイタリアのチェルノッビオでブルームバーグテレビジョンとのインタビューで発言。これについてイタリアがどのような決断を下そうとも「反中国のメッセージにはならない」と述べた。

タヤーニ副首相は、中国の巨大経済圏構想「一帯一路」は過去の決定であり、イタリアがどのような決断を下すにせよ、それは反中国のメッセージではないと述べました。

マーケティング担当者からの感想:

&Buzzとしては、イタリアのタヤーニ副首相兼外相が中国を訪れ、一帯一路からの離脱を模索する姿勢に注目しています。彼が人的・経済的な関係を損なうことなく、バランスをとりながら離脱の可能性を探ることは、日中の関係において重要な課題です。タヤーニ氏が中国との対立を避け、一帯一路への離脱の意向を示すことで、他の国々にも影響を与える可能性があります。これからの展開を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Bloomberg.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました