【&Buzzの口コミニュース】70歳以上は要注意!老後の楽しみを一気に奪う「サルコペニア」の恐怖 予防に有効なのは「たん活」と「貯筋」(東洋経済オンライン) – Yahoo!ファイナンス

&Buzzのヘルスケアニュース

「サルコペニア」という現象は、加齢に伴い筋肉量が減少し、身体機能が低下することを指します。特に70歳を過ぎると、このサルコペニアに陥る人が増えています。東京都健康長寿医療センター研究所の調査では、75~79歳では男女ともに約2割が、80歳以上では男性の約3割、女性の約半数がサルコペニアに該当するとされています。

サルコペニアになると、歩くや立ち上がるといった基本動作に支障が生じ、転倒や骨折のリスクが高まります。また、サルコペニアは「フレイル」とも呼ばれる要介護の一歩手前の状態に至ることもあります。

しかし、諏訪中央病院の名誉院長である鎌田實氏は、「貯筋」という概念を提唱しています。貯筋とは、タンパク質を積極的に摂取し、適切な運動を行うことで筋力を蓄えることを指します。高齢者が人生を楽しむためには、貯筋が必要不可欠であるとされています。

具体的には、タンパク質を豊富に含む肉や魚を摂取し、タンパク質の摂取目安である体重1キログラムあたり1.2グラム以上を目指すことが重要です。また、適度な運動も貯筋のために欠かせません。ウォーキングやスロー・スクワットなど、高齢者でも取り組みやすい運動方法があります。

&Buzzとしては、サルコペニアが高齢者にとって深刻な問題であると認識しています。貯筋の重要性を啓発し、高齢者が健康で充実した人生を送るためのサポートをしたいと考えています。

この &Buzzニュースは、Yahoo.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました