【&Buzzの口コミニュース】2億5000万年後、ひとつになった超大陸で人類は死に絶える | ギズモード・ジャパン

&Buzzのサイエンスニュース

要約:

最近の研究によると、数億年後に地球に新たな超大陸が形成される可能性があるという。この超大陸は「パンゲア・ウルティマ」と呼ばれ、哺乳類にとっては過酷な環境が待ち受けるとされている。現在の地球の陸地の66%が哺乳類の生息に適していると言われているが、超大陸形成後はその割合がわずか8%から16%に減少すると予測されている。パンゲア・ウルティマは大気中の化学的変動や地球の温度上昇を引き起こし、哺乳類にとっては食料や水が得られず、過酷な環境が生まれる可能性が高まるとされている。

感想:

&Buzzとしては、この未来のシナリオについて注目していきたい。地球の気候変動が進む中で、超大陸形成後の環境が哺乳類や人類にどのような影響を与えるのか、懸念されるところではある。現在の課題である地球温暖化や気候変動に関しても、取り組みが必要であり、人類が持続可能な未来を築くためには行動を起こす必要がある。この記事は、将来の地球環境についての警鐘となり、我々が地球を守るための意識を高めるきっかけとなるだろう。

この &Buzzニュースは、Gizmodo.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました