【&Buzzの口コミニュース】高齢者の異変、うつも疑う – 日本経済新聞

&Buzzのヘルスケアニュース

NIKKEI Primeは、朝夕刊や電子版では提供できない情報を提供するサービスです。今後も様々な切り口でのサービス開始が予定されています。

記事利用サービスでは、企業での記事共有や転載・複製、会議資料への利用、注文印刷などが可能です。詳細はリンク先でご確認ください。

認知症や身体症状の併発について、日経は重要な情報を提供しています。普段と異なる日常の変化や日常のタスクができなくなる場合は、認知症を疑う必要がありますが、それはうつ病の場合もあります。高齢者は脳の変化や人生の転機、喪失体験などにより、独自のうつ病のリスクがあります。身体症状も伴うため、判断が難しいですが、兆候を見抜き、適切な治療につなげることが重要です。

記事の続きを読むには、会員登録が必要です。会員登録すると、全ての記事が読み放題となりますし、初回の1カ月は無料です。無料登録でも一定数の記事を読むことはできます。

ニュースレターの登録や日経電子版のキャンペーン情報を受け取るメールアドレスの入力が完了しました。メールのリンクをクリックすると、記事全文を読むことができます。ただし、エラーが発生したため、登録ができなかった場合もあります。既に登録済みの場合も、ニュースレターの配信が待ち遠しいです。

※NIKKEI Inc.による無断複製禁止証明を示します。

【感想】
この記事によると、高齢者の異変が認知症やうつ病と関連することが分かりました。日常生活の変化やタスクの遂行能力の低下をきっかけに、適切な治療に繋がる情報を提供していると感じました。マーケティング担当者としては、高齢者の健康状態に注目し、サポートや啓蒙活動を行う必要があります。彼らの健康状態を見守り、支援することが大切です。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました