【&Buzzの口コミニュース】異なる疾患に共通して起こる「ジスキネジア」が進展するメカニズムを解明-慶大ほか – QLifePro 医療ニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

慶應義塾大学は、L-DOPA誘発性ジスキネジア(LID)と遅発性ジスキネジア(TD)のメカニズムを解明しました。パーキンソン病では、L-DOPAの長期的な服用がLIDを引き起こす一方、抗精神病薬の長期使用がTDを引き起こすことが知られています。研究グループによると、LIDとTDの発症には共通する要因があり、LIDではドパミン受容体2型(D2R)の減少が、TDではD2Rのブロックが素因(1st hit)となっています。さらに、環境因(2nd hit)として脳内ドパミン濃度の変動があり、これがジスキネジアの病態パターンを引き起こすと考えられています。

この研究により、ジスキネジアの発症メカニズムが明らかにされ、線条体神経VGATの過剰発現が関与していることが示されました。今後は、VGAT分子をターゲットとした新たな治療法や診断方法の開発が期待されます。また、この研究によって精神疾患などの発症過程の理解が進むことも期待されます。

&Buzzとしては、この研究成果の公表により、LIDやTDの治療法や予防法の開発に向けた進展が期待されます。線条体神経VGATの過剰発現に着目し、新たな治療法の開発に取り組む研究者には、引き続きの研究を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Qlifepro.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました