【&Buzzの口コミニュース】栄養環境に応答した脱分化現象の同定 | 東京大学

&Buzzのヘルスケアニュース

東京大学の研究チームが、栄養環境に応じて腸管サイズが増大する際に、分化した腸管内分泌細胞が脱分化を起こすことを明らかにしました。これまでは組織損傷や組織がん化の際にのみ起こるとされていた脱分化ですが、この研究では蛹から羽化した直後の食餌摂取や絶食後の再摂食時に腸管幹細胞が増加し、それと同時に腸管内分泌細胞が栄養摂取に応答して脱分化を起こしていることがわかりました。

さらに、研究チームは脱分化によって増加した幹細胞を除去する実験を行い、その結果、脱分化が幹細胞の増加と腸管サイズの増大に必須であることを示しました。この栄養依存的な脱分化現象のメカニズムとして、食餌中のグルコースとアミノ酸量に反応してJAK-STATシグナルが腸管内分泌細胞で活性化することが重要であることも明らかになりました。

食事摂取量に対する腸管サイズの適応反応は多様な生物種で観察され、JAK-STATシグナルは哺乳類の脱分化で重要な役割を果たしています。この研究での発見は、&Buzzとしては、生物の進化的に保存された機構であることが期待されるだけでなく、細胞運命の可塑性と疾患の関連においても重要な手がかりとなる可能性があると思います。

この &Buzzニュースは、U-tokyo.ac.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました