【&Buzzの口コミニュース】一度だけでも違法行為に…「緊張感を取るために風邪薬を飲む」危険性とダメな理由【薬学部教授が解説】(2023年10月3日)|BIGLOBEニュース

&Buzzのヘルスケアニュース

薬の目的外使用はなぜだめなのでしょうか? ソーシャルメディアの中には「緊張感を取るために風邪薬を飲む」といった情報が出回ることもあるようですが、何が危険で、どうしていけないのか、わかりやすく解説します。

風邪薬は、一度だけでも違法行為になりえます。風邪薬の主な成分である抗ヒスタミン剤や解熱鎮痛剤を目的外使用すると、予期せぬ副作用が起こる可能性があります。特に緊張感を取るために飲むことは危険であり、頭痛やめまい、不眠症、心拍数の上昇などの症状が現れることがあります。また、緊張感を取るための目的外使用は違法行為にあたり、法的な制裁を受ける可能性もあります。

風邪薬や他の薬の適切な使用は、医師や薬剤師の指示に従うことが重要です。自己判断や他の人の使用方法に倣うことは避け、必ず専門家の助言を仰ぎましょう。適切な用法・用量を守り、服用期間を守ることが必要です。また、薬の交互摂取や他の薬との併用には注意が必要です。

&Buzzとしては、風邪薬の目的外使用に対して厳重な警戒が必要であると言えます。使用目的以外の服用は予期せぬリスクを引き起こす可能性があります。適切な医療機関での診断と指導を受けることで安心して薬を使用することができますので、医師や薬剤師の助言を積極的に受けましょう。薬の安全使用を確保するためにも、正しい情報を発信し、消費者の健康意識を高める活動を引き続き行っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Biglobe.ne.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました