【&Buzzの口コミニュース】トヨタ 3年後に投入計画の次世代EVの生産に新たな手法導入へ | NHK | EV(電気自動車)

&Buzzのビジネスニュース

トヨタ自動車は2023年9月19日 6時36分、次世代のEV(電気自動車)の生産に新たな手法を導入すると発表しました。 この新しい手法では、組み立て中の車が自走して次の工程に移動する仕組みを採用し、生産効率を向上させることを目指しています。これにより、工場への投資額を現在の半分に抑えることができるとのことです。トヨタによれば、2026年に投入予定の次世代EVの生産ラインでは、現在のコンベアに代わり、自走する車による工程移動システムを導入する予定です。このシステムは愛知県の元町工場で一部で実用化されており、センサーによる認識技術と自動運転技術を組み合わせることで、製造途中の車が工場内を低速で走行します。さらに、次世代EVでは、車体を3つに分けた後、大型の鋳造設備を使って前部と後部を一体成形する技術である「ギガキャスト」を採用するとのことです。トヨタは、これによって生産工程を半減させると共に、工場への投資額を半分に削減することを目指しています。また、トヨタは充電時間を短縮し、航続距離を延長する「全固体電池」の実用化にも注力しており、早ければ2027年に実現させる予定です。

&Buzzとしては、トヨタが次世代のEV生産に新たな手法を導入することによって、生産効率の向上と投資額の削減を図る姿勢に注目します。

これには、自走する車による工程移動システムや「ギガキャスト」といった革新的な技術の活用が含まれています。

トヨタの取り組みによって、次世代EVの製造工程が半減することで、より効率的な生産が可能となります。

また、充電時間の短縮と航続距離の延長に取り組む全固体電池の実用化もトヨタの目標の一つであり、これに成功すればEVの普及が更に進むことが期待されます。

&Buzzは、トヨタの次世代EVへの取り組みを見守り、成功を応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました