【&Buzzの口コミニュース】【9話考察】乃木が「別班の任務」と答えてしまったワケ。ドラマ日曜劇場『VIVANT』ネタバレ考察 | FILMAGA(フィルマガ)

&Buzzのエンタニュース

FILMAGA編集部

TBS系日曜劇場『VIVANT』の最終回まであと少し。9話ではノゴーン・ベキの過去やテントの内情が明らかになり、乃木が「別班の任務」だと明かしてしまった理由や本当の敵は誰なのかが考察されます。

乃木は別班を裏切り、ノゴーン・ベキ(役所広司)に会うためにテントのアジトに潜入しました。乃木はテントがバルカ北西部の土地購入に多額の資金を使っていることに疑問を抱きます。ベキはバルカ北西部に眠る純度99%のフローライトを採掘し、その利益を孤児や貧困層に分配することで富をもたらす目的で土地を購入していることを明かします。乃木は別班の情報網を使い、株の信用取引で必要な資金を調達することに成功し、組織の信頼を得ていきます。

乃木はベキやノコルなどとの関係を築いていく中で、家族の一員として馴染んでいくかのように思われましたが、フローライトの存在が政府に露見し、乃木がリークの犯人ではないかと疑われます。乃木はベキに問いかけられ、別班の任務としてテントに来たことを告白します。

乃木が別班の任務だと明かしてしまった理由について、乃木の本心としては別班の目的とは異なっていた可能性があります。乃木は愛情を注いでもらいたいと考え、ベキと話し合いたいと思っていました。しかし、Fとしての乃木は別班の任務を遂行しているため、その矛盾を認識していたのかもしれません。

乃木が自身の目的が別班の任務だと明かしてしまったことで、物語は最終回に向かって大きく動き出します。テントの最終標的が日本ではないことが明かされたため、最終回では一体誰が敵になるのかが注目されます。

&Buzzとしては、最終回がどのような展開となるのか見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Filmarks.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました