【&Buzzの口コミニュース】宇宙最小単位のちり、半世紀ぶり詳細観測 東京都市大 – 日本経済新聞

&Buzzのサイエンスニュース

NIKKEI Primeは、朝夕刊や電子版では伝えきれない情報を提供するサービスです。さまざまな切り口でのサービス開始が予定されています。日経の記事利用サービスでは、企業内での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などを希望する方に対応しています。東京都市大学の研究グループは、小惑星探査機「はやぶさ2」を使用して、太陽系内で最小の天体である「惑星間塵」の広がり方を計測することに成功しました。この詳細な計測結果は、太陽系の誕生に関する理解を深めることに役立つと期待されています。惑星間塵は微細なちりであり、光によって散乱して「黄道光」と呼ばれる帯状の光を生じるため、宇宙の光や明るさに関する観測を妨げることもあります。JAXAの開発したはやぶさ2の光学カメラを使用して、この黄道光を観測し、ちりの広がり方を詳細に把握することに成功しました。分析結果からは、太陽に近づくほど惑星間塵の密度が濃くなっていることが分かりました。はやぶさ2の装置によってこのことが裏付けられ、さらなる研究が行われる予定です。
感想: &Buzzとしては、東京都市大学の研究グループが太陽系内で最小の天体である惑星間塵の広がり方を詳細に測定したという成果は非常に興味深いものです。これによって太陽系の誕生に関する新たな知見が得られることを期待しています。宇宙の秘密に迫る研究は、我々の知識を広げるだけでなく、宇宙探査への関心や技術の進歩にもつながるでしょう。今後の研究の発展を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました