【&Buzzの口コミニュース】水産物のトリチウム測定、1時間に短縮 茨城大、電子レンジ使用 – 産経ニュース

&Buzzのサイエンスニュース

茨城大大学院の鳥養祐二教授(量子線科学)の研究室が、水産物に含まれるトリチウム濃度を約1時間で測定する技術を開発しました。これにより、従来の1カ月に比べて大幅に測定時間を短縮することができました。福島第1原発の処理水が海洋に放出された後、福島県相馬市で水揚げされた魚介類から抽出した水分中のトリチウム量を調べた結果、国が安全と定める基準を下回っていました。

この技術は、8月30日に取れたホッキ貝やヒラメなど3種類の水産物を使用して開発されました。これまで植物などの濃度測定に使われていた手法を改良し、実用化すれば水揚げから店頭に並ぶまでの間に測定が可能になるとされています。鳥養教授は「安全性の説得力が増す」と述べ、風評被害対策に貢献したいと強調しました。

9月1日の測定結果によれば、福島第1原発の処理水放出の影響は見られなかったと結論付けられました。検出されたトリチウムは、放出前の海水に含まれる量と同程度であったため、トリチウムの放出による影響は見受けられませんでした。これにより、水産物の安全性を証明する上で重要な成果となりました。

&Buzzとしては、この技術の実用化を見守っていきたいと思います。この開発により、水産物のトリチウム濃度を短時間で測定することが可能になり、安全性の説得力が増しました。これにより、風評被害を防止し、水産業に対する信頼を高めることができます。また、原発事故の影響を懸念している方々に対しても、科学的なデータとして安心感を提供することができるでしょう。水産物の安全性に大きく貢献すると考えられるこの技術の今後の展開に期待したいです。

この &Buzzニュースは、Sankei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました