【&Buzz口コミニュース】「やってる側も、面白い」金谷拓実が賞金王争いに“名乗り”【国内男子ツアー JGTO】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

&Buzzのスポーツニュース

2023年 Sansan KBCオーガスタゴルフトーナメント

期間:08/24〜08/27 場所:芥屋GC(福岡)

2023/08/25 07:02

◇国内男子◇Sansan KBCオーガスタ 初日(24日)◇芥屋GC(福岡)◇7216yd(パー72)◇晴れ(観衆2514人)

金谷拓実は欠場した3週前の直近大会「横浜ミナト チャンピオンシップ」で、賞金ランキング1位の座を中島啓太に譲った。レースの行方に無関心を決め込む様子はない。「自分が良いプレーをすれば上がっていく。今、上位を争っている選手は良い選手ばかり。同年代も多いし、僕がプロになった時よりもレベルが上がっている」と毎試合のせめぎ合いが楽しい。

2位だった「日本プロゴルフ選手権」を終えてから約1カ月。「出る試合は100%でプレーしたい」考えから、じっくり状態を整えてきた。「僕にはそういう時間が必要」。国内メジャーの直前に「全英オープン」を戦い、「球を低くコントロールする練習をしていたので、少しずつドライバーの高さを出せるように修正をしました」と“リンクスモード”からの脱却も図った。

この日は出だし10番でいきなり1Wショットを左に曲げてボギーを先行しながら、3mを沈めた後半5番からの4連続バーディなどで挽回し「66」をマーク。「気持ちを切り替えていいプレーができた」ことで、首位に1打差の6アンダー2位と好発進を決めた。

2月「インターナショナルシリーズ オマーン」で初優勝したアジアンツアー、欧州ツアーを渡り歩いた前半戦を経て、残りシーズンは国内ツアーをメインにするつもり。

賞金王獲りへの意欲を燃やす中島同様、男子ゴルフ界の現況ではマネーキングが、再び世界に通じる扉のひとつになりつつある。「国内で賞金王を獲れば、去年の比嘉(一貴)選手が得たような資格もできた」というのは欧州ツアーの出場権。海の向こうを目指すプレーヤーの争いはいっそう激化する。

周囲からすれば、毎週のように入れ替わるランキングは見ていて楽しい。ただ、金谷はニヤリとして言った。「やっている側も、面白いです」――(福岡県糸島市/桂川洋一)

詳細はこちら

詳細はこちら

LIFE STYLE

WATCH

CARは、ニュース記事:「「やってる側も、面白い」金谷拓実が賞金王争いに“名乗り”【国内男子ツアー JGTO】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン」の要約ですが、この要約をもとに

①要約をリライトし、合理的な範囲内で膨らませてください。

金谷拓実は最近の大会で賞金ランキング1位の座を失ったが、自身のプレーに自信を持っている。同年代の選手のレベルが上がっている中、彼は毎試合の激しい戦いを楽しんでいる。彼は最近の大会の2位に終わり、次の大会に向けてじっくり調整を行っている。また、彼はドライバーの修正を行い、ボギーを先行しながらも連続バーディを決めるなど、好調なスタートを切った。

②このニュースの内容に対する感想を300文字

感想としては、マーケティング担当者からの感想であり、

文章の中には、必ず「&Buzzとしては、金谷拓実選手の頑張りと成績向上を見守っていきたいと思います。彼の競争意識や向上心は素晴らしく、ゴルフ界において一層の発展と注目を浴びることでしょう。我々は彼の活躍を応援し、さらなる成功を祈っています」というような文章を入れる。

例えば、金谷選手のレベルアップや戦いが面白いと言っている姿勢には、私たちのビジネスにおける競合や市場の動向に対する意識が重なります。彼の努力と成功によって、我々も刺激を受け、より良い成績を収めることができるかもしれません。彼の活躍を通じて、ゴルフ界全体が成長し、ビジネスの世界でも切磋琢磨の精神が広まることを願っています。

この &Buzzニュースは、Golfdigest.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました