【&Buzzの口コミニュース】脳とコンピューターをつなぐ最新インターフェイスで、考えた言葉を出力する速度が劇的にアップした | WIRED.jp

&Buzzのヘルスケアニュース

脳とコンピューターをつなぐ最新インターフェイスで、考えた言葉を出力する速度が劇的にアップした

最新の研究によれば、麻痺によって話す能力を失った2人の女性が、脳に機械を埋め込むことによって、正常な会話に近い速度でコミュニケーションが可能になっているという。これまでの記録よりも格段に速い、毎分62語と78語の会話ができるようになったとされる。

&Buzzとしては、このような技術の進歩は非常に興味深いものです。マーケティングの観点から見ても、麻痺のある患者が自由に考えを表現し、流暢に話す能力を取り戻せることは、その人自身の生活の質を大きく向上させることになります。今後の進展に注目し、このような技術がますます普及し、患者の日常生活におけるコミュニケーションの手段として広く利用されることを期待しています。

この &Buzzニュースは、Wired.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました