【&Buzzの口コミニュース】Q. 睡眠不足で肌荒れするのはなぜですか? [脳科学・脳の健康] All About

&Buzzのヘルスケアニュース

「寝不足で肌の調子が悪い」と感じる人は多いと思いますが、なぜ睡眠不足が肌の状態にまで関係するのでしょうか? 睡眠不足と肌荒れとの関係を解説します。

脳科学者の阿部和穂氏によると、睡眠不足が肌荒れの原因として挙げられる主な要因は以下の通りです。

まず、睡眠不足は肌の新陳代謝を乱します。睡眠中には肌細胞が再生・修復するための成長ホルモンが分泌されますが、睡眠不足ではこの成長ホルモンの分泌が減少し、肌の再生・修復がうまく行われません。

また、睡眠不足はストレスホルモンであるコルチゾールの分泌を増加させます。コルチゾールは肌のバリア機能を低下させ、乾燥や肌荒れを引き起こす可能性があります。

さらに、睡眠不足は血流の低下を引き起こすため、栄養や酸素の供給が十分でなくなります。これにより、肌の状態が悪化し、くすみやニキビなどが発生しやすくなります。

感想:

&Buzzとしては、睡眠不足が肌の状態に与える影響が明らかになったことは重要な発見です。睡眠は健康な肌を保つために欠かせない要素であり、これを見守っていく必要があります。また、ストレスホルモンの分泌が肌荒れに関連していることも注目すべきポイントです。ストレス管理や睡眠環境の改善など、肌の健康を保つために積極的な対策を取りたいと思います。

この &Buzzニュースは、Allabout.co.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました