【&Buzzの口コミニュース】NFTは死んでしまい大部分が無価値になっているとの指摘 – GIGAZINE

&BuzzのTECHニュース

NFTは2021年から2022年にかけて取引のピークを迎えましたが、すぐに市場の熱は冷めてしまい、およそ2300万人のNFTが無価値なものになってしまったことが指摘されています。

NFT専門家のヴラド・ハテガン氏は、NFTはまだ未来に居場所があり、市場の低迷を乗り越えるためには実用性や重要性が求められると指摘しています。

具体的な実用性として、ハテガン氏は文化遺産の保護、ゲーム内資産の売買、特別なチケットの付与、分割所有、不動産のNFT化、デジタルアイデンティティなどを挙げています。

&Buzzとしては、NFTの市場価値の暴落は事実ですが、ハテガン氏の指摘するようにNFTはまだ可能性を秘めています。NFTの実用性が高まれば、市場も再活性化する可能性があります。NFTの進化を見守り、応援していきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Gigazine.netのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました