【&Buzzの口コミニュース】9月も“異例”の暑さ 平均気温125年間で最も高く 7・8月に続き | NHK | 気象

&Buzzの一般ニュース

2023年9月、異例の暑さが続いたことが分かりました。気象庁によると、9月の平均気温は平年を2度以上も上回り、125年間で最も高い気温となりました。北日本と東日本では3.1度、西日本では2.3度高くなり、仙台市や長野県松本市など、過去最高気温を観測した地点は111か所にも上りました。海面水温の上昇も要因の一つであり、9月の平均海面水温は過去最高となりました。

これについて、気象庁は気候変動による影響が考えられると指摘しています。偏西風が北へ偏り、太平洋高気圧が強まったことで暖かい空気が覆われやすくなりました。加えて、台風の発生が少なかったことも海面水温の上昇に影響を与えました。

10月2日を境に気温は下がり、寒気の影響も予想されますが、エルニーニョ現象や海面水温の高さから、今後も平年より気温が高い傾向が続く見込みです。

&Buzzとしては、気候変動による異常な気温上昇が懸念されます。温暖化の進行により、今回のような状況が将来の「平年」となる可能性があると言及されています。また、海面水温の高さが台風の発達に影響を与える可能性もあるため、台風に備える必要があると呼びかけられています。我々はこのような現象を見守り、対策を講じることが重要だと考えています。

感想:気象庁の発表によると、今年の9月は異常に暑い月となりました。9月の平均気温は平年を2度以上も上回り、125年間で最も高かったとのこと。特に北日本と東日本は3.1度もの高温となりました。この暑さの背後には偏西風の北への偏りや太平洋高気圧の強まりが影響しているとの指摘もあります。また、海面水温の上昇も一因とされています。このような異常な気温上昇は温暖化の影響によるものであり、今後も気温が高い傾向が続くことが予想されています。これに対して、&Buzzとしては気候変動の懸念や台風への備えが必要と考えており、これからの動向を見守っていきたいと思います。

この &Buzzニュースは、Nhk.or.jpのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました