【&Buzzの口コミニュース】鶏の羽から燃料電池部品 南洋理工大など、コスト3分の1 – 日本経済新聞

&Buzzのサイエンスニュース

【要約】
シンガポールの南洋理工大学の研究チームが、鶏の羽毛からケラチンを抽出し、燃料電池の基幹部材に転換する技術を開発しました。これにより、鶏の羽毛を焼却処分するだけでなく、燃料電池の効率も向上し、コストも3分の1に抑えることができます。また、ケラチンは水と電気から水素を作る「水電解装置」の電解質膜にも利用できる可能性があります。ただし、現段階ではまだ効率が低いため、改善が必要とされています。

【感想】
この鶏の羽毛を利用した燃料電池の技術は非常に革新的であり、環境負荷の削減にも貢献するものです。特に、鶏の羽毛を廃棄物として処分することなく再利用できる点は素晴らしいです。&Buzzとしては、今後の改良や応用の進展を見守っていきたいです。この技術が実用化されれば、持続可能なエネルギー供給に大いに貢献できると期待しています。

この &Buzzニュースは、Nikkei.comのニュースをAndbuzzが独自にまとめたもの。

コメント

タイトルとURLをコピーしました